忍者ブログ
気まぐれな管理人の日常をタラタラと
[129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近雨ばかりで憂鬱です^^;
雨降ってると原付でお出掛けする気が起きないので嫌ですほんと

さて、今日の日記のタイトルなんですが・・・
ウルフとリュカでメルトの動画についてなんですが、ここらで一応解説?を

何でウルフとリュカなの?動画にクラウスが出てきたのはどうして?ウルフはリュカの事をどう思ってるのさ、なんて思ってる方も多々いらっしゃるかと思うので

とりあえずどうしてウルフとリュカのコンビなのかといいますと、このサイトの漫画を見て下さった方は分かると思うのですが、私がウルフ親友がリュカを大乱闘で使っていた時、リュカの行動がいちいち可愛くて(例えばランドマスター出した時に避けようともせずしゃがみこんでやり過ごそうとしたり)、それが始まりでした(笑
そこからこのコンビが好きに(同時にスタフォ好きに)なってって、その頃に調度ニコニコの存在を知ったんですよね(去年の8月頃かな)
それで私も投稿したくなって、せっかくならこのコンビの動画も作ろうと思い企画を練り始めました

さて、肝心?の二人の設定ですが
きっとうちのリュカは、大乱闘ではうまく戦えずビクビクしてる子なんだと(実際とても強いですがね^^)
なのでウルフはリュカに対して「なんか見てて危なっかしくてイライラする」みたいな気持ちを持ってたんだと
しかし私の勝手な脳内設定だとウルフは子供に優しいツンデレなので、何かとリュカがピンチの時には助けてたりしたんでしょう、無意識に
でもリュカはウルフが自分を助けてくれてるというのは分かっているものの、どうしても怖いというイメージが強くて中々自分からは近づけない、でも嫌いじゃない、そんな付かず離れずの距離を保ってたみたいな
それであのうpした漫画の出来事があり、ウルフはリュカに対して「ほっとけない弟みたいな」と感じるようになって、リュカはウルフに対して「頼りになる優しい兄みたいな」と感じるようになった・・・そんな感じです

そしてメルトにいく訳ですが、そこでのウルフは漫画よりも割りと優しい雰囲気が出るように描きました
漫画でネスに「二人きりになればウルフさんの態度は変わると思うよ」と言わせた通りにしたくて
それでお出掛けを通じてリュカはウルフになつくようになって、最終的にはそんなウルフが一瞬クラウスに見えて「!」みたいな・・・そんなオチです

あと、リュカの持っていた向日葵はヒナワをイメージさせています(ついでに言うと鞄もヒナワの服と同じ色です)
その向日葵を途中で落としてしまい崖に落ちていたところをウルフが拾ってくるというシチュエーションは、実はマザー3の第一章「とむらいの夜」のネタを少しだけ意識して描いてるんです

言われないと分からないと思いますが、まぁそれぐらいで調度いいです^^

なんだかずいぶん長くなりましたが、こんな感じでこのコンビを描いています
なのでカップリング(BL)という目線で見るというのは私には出来ないんですよ^^;
微笑ましい兄弟みたいな感じに捉えてもらえたら嬉しい限りです

さてさて、ではお寿司食べに行ってきます

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トンダコッサ!(こんにちは~)
そんなキャラ設定だったんですね!
兄弟みたいな感じですかwとってもいいです!
確かにリュカにそんなことされたら私もなかなか攻撃できないです^^;

一方でウルフもジェニガタさんの動画見てから、ツンデレな感じ大好きになりましたしねw

これからもウルフ&リュカ応援します!

それでは、失礼しました。
ネビュラ 2009/10/07(Wed)18:43:49 EDIT
リュカって
ちょくちょく見に来てます。初めまして。
古い記事からとはなってしまいましたが、
リュカって、白と青のボーダーカラーにすると
某●川急便みたくなりますよ
編集長 URL 2010/02/20(Sat)19:26:57 EDIT
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新トラックバック
カウンター
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.